2009年05月01日

5月の公演のお知らせ

爽やかな初夏! 皆さまお元気でおすごしでしょうか?
このところ京橋のフィルムセンターに通っています。
絶世の美女、入江たか子さん主演「月よりの使者」や伊藤大輔監督「薩摩飛脚」、大都映画、記録映画、アニメーションと
多彩なプログラムが映画ファンには嬉しい限り。“発掘された映画たち2008”の催しなのですが、
あらためて日本映画の豊かな鉱脈を実感しています。

5/26(月)には、門前仲町門天ホールで、嵐寛、阪妻、千恵蔵作品の豪華三本立て上映会(無声映画鑑賞会)が開かれますが、
日本映画の重要なジャンルである時代劇の魅力たっぷり味わえる会ですので、皆様の御来場をお待ちしています。

5/30(金)には長野市の松竹系映画館相生座で、1932年松竹蒲田作品、小津安二郎監督「生まれてはみたけれど」の弁士をつとめます。
古い歴史を刻んだ相生座に伺うのは初めてですが、長野の皆様、どうぞ見にいらして下さい。

6/1(日)の三鷹市芸術文化センターでの子供映画会、6/19(木)学士会館での「怪傑ゾロ」もよろしくお願いいたします。
「怪傑ゾロ」のピアノ伴奏は柳下美恵さんです。
日本映画、外国映画それぞれの面白さ、愉しさ、表現力の凄さを、ここ一ヶ月ばかり初めて無声映画を見たときのような驚きと
共に見直しているところです。


詳細は引き続き翠の公演予定をご覧下さい。



posted by 翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

4月の公演のお知らせ

花の女神フローラが微笑む季節。
キューピッドの矢を期待しながら、でも現実はキビシイ。
陽春の光がそのまま実生活の光になったらよいのにと願いつつ、
三色すみれやアネモネに季節のときめきを感じるこのごろです。

先日、法政大学で、大好きな俳優エミール・ヤニングスの出演している「ファウスト」(F・W・ムルナウ監督)の
弁士をつとめさせていたただきました。
ン十年前に私が通っていた頃とは校内の様子が変わってしまいましたがなつかしさ一杯でした。

宮澤賢治の研究家としても知られる法政大の岡村民夫教授による「映画と賢治」についてのお話もすこぶる面白く、
賢治がごひいきのエミール・ヤニングスをエミヤンと呼んでいたこと等愉しいエピソードに会場は和やかな雰囲気に…。

「ファウスト」のエミヤンは、悪魔メフィスト役を喜々として演じ、ほとんど彼の映画という感じて、ファンにはたえられない
快(怪)演ぶり。
大いにノって語らせていただきました。
F・W・ムルナウ監督はフリッツ・ラングと並ぶドイツ・サイレント映画期の天才。
エミヤン主演の「最後の人」「タルチュフ」もすばらしいです。

さて、4/18(金)6:30〜 神田・錦町学士会館でフリッツ・ラング監督の
傑作「クリームヒルトの復讐」の弁士をつとめます。
大作「ニーベルンゲン」の第2部となるこの作品、1部をご覧になっていない方にも十分ご堪能いただける迫力に
みちた叙事詩的世界が表現されています。ラングならではのスペクタルな映像と魅力溢れる俳優陣。
美しきクリームヒルトに憧れるフン族の王アッティラを演じるルドルフ・クライン=ロッゲが見ものです。

ゲルマンの英雄ジークフリートの死がもたらす愛と憎悪、情熱と復讐…。
人間感情の原点である喜怒哀楽をスケール豊かに描く不滅の名作として映画史上に
輝く「クリームヒルトの復讐」をこの機会にどうぞご鑑賞下さい。
ピアノ演奏は新垣隆さんです。
電話予約は03-3292-5933へどうぞ。
ご来場を心からお待ちしております。
4/25の新潟県新発田市での公演もどうぞよろしくお願いいたします。

詳細は引き続き翠の公演予定をご覧下さい。

posted by 翠 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

3月の公演のお知らせ

小石を投げるとキーンとはね返ってきそうな冬の青空。
ずい分前に公演した北フランス、ノルマンディーの街エブルーの空を想い出します。
エブルー映像演劇祭で『雄呂血』を語った1995年、2月。
19世紀の終わり頃、街の人々の力で建てられたという劇場の天井に躍っていたばら色の頬をした天使。
客席を埋めた方々の温かな波に包まれて、弁士をつとめた記憶は冬の季節に鮮やかに甦ります。

お蔭様で2/11〜2/15に、ニューヨークのジャパン・ソサエティに招いて頂き、弁士公演をいたします。
日本の無声アニメや活劇を語ります。
帰りましてから皆様にご報告させて頂きます。
ニューヨークは19年ぶりです。

3月6日(木)にドイツ無声映画の傑作『ジークフリート』を学士会館で上映(PM6:30〜)します。
映画史に輝く壮大にて神秘的な物語をどうぞご覧下さい。
ピアノは柳下美恵さんです。

3月19(水)と3月22日(土)の珍しいオーストリア無声映画『サムソンとデリラ』他もどうぞお楽しみに。
ピアノはゲルハルト・グルーバー氏です。

今フィルムセンターでは、今年誕生100年のマキノ雅広監督の作品が連続上映されています。
無声映画鑑賞会でも2月28日にマキノ監督の無声映画『浪人街』と『祟禅寺馬場』を活弁付で上映します。
どうぞ皆様ご来場下さい。

2月24日(日)の大宮図書館『ノートルダムのせむし男』もロン・チャニーが名演をみせていますので、
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


詳細は引き続き翠の公演予定をご覧下さい。

posted by 翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

1月の公演おお知らせ

頌春

雨上がりの12月29日、新宿紀伊国屋ホールは大勢のお客様の熱気に溢れていました。
『つばさ』クララ・ボウ、チャールズ・ロジャース、ゲーリー・クーパーたち若手スターが繰り広げる
愛と死のドラマ。

第一次大戦を舞台とした壮大なこのドラマは1927年のアカデミー作品賞を受賞しています。
終映後、楽団カラード・モノトーンの皆さんと共に舞台からお客様に御礼のごあいさつをした時、
客席から大きく暖かい拍手を頂いて感激しました。本当にありがとうございました。
2007年のしめくくりの公演が盛況のうちに無事終了しました事を皆様に心から感謝申し上げます。

気持ちを新たに、2008年のお正月、仕事初めは1月11日(金)北とぴあ(東京都北区)において小津安二郎監督 『生れてはみたけれど』です。
つづいて13日(日)古石場文化センター(東京都江東区)で同じく小津安二郎監督の『出来ごころ』。
いずれも楽団カラード・モノトーンの皆さんとご一緒です。

1月18日(金)18:30〜 学士会館での『椿姫』(アラ・ナジモヴァ、ルドルフ・ヴァレンチノ)
も美的感覚に満ちた佳作ですのでどうぞご覧下さいませ。
楽団カラード・モノトーンの鈴木真紀子さん、新垣隆さんと共演いたします。

初詣に行った富岡八幡宮でのおみくじは小吉、小さな吉を大きくしたいと燃えています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

“春くればやどにまづさく梅の花 きみが千歳のかざしとぞ見る”
きのつらゆき
posted by 翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

12月の公演のお知らせ

“冬ながら空より花のちりくるは雲のあなたは春にはあるらむ”
きよはらのふかやぶ詠む


古今和歌集にこんな美しい歌がありました。
『雲のあなた』には春も、幸もあるのかも知れません。
春よ、幸よ来たれ…なんて、
冬が始まったばかりなのに叫んでしまいました。

12月29日(土)PM6:00〜 新宿紀伊国屋ホールで開かれる活弁リサイタルで、第1回アカデミー賞受賞作『つばさ』を上映、弁士をつとめます。
ゲーリー・クーパーはこの『つばさ』で“スター”の仲間入りをしました。
端麗でりりしく、はにかんだ笑顔が魅力的なゲーリー・クーパー、その登場シーンは胸がしめつけられる程美しいです。

チャーミングなモダン・ガールのクララ・ボウ、
若々しいチャールズ・ロジャースと、1920年代後半の青春スターが好演しています。

第一次世界大戦を背景に、壮大なスケールで描かれた愛と死のドラマ、迫力溢れる空中シーンはCGの無い時代ですので、すべてが人力、すごいです。
普段あまり上映する機会のない大作ですので、是非この機会にご覧下さいませ。

楽団カラード・モノトーンの緩急自在の演奏もどうぞお楽しみに。
2008年最後の上映会となる12月29日の新宿紀伊国屋ホールの会をどうぞ宜しくお願いいたします。

前売り、電話予約は03−3605−9981 マツダ映画社へどうぞ。
紀伊国屋書店の5Fのキノチケットカウンターでも前売り券を扱っています。

詳細は引き続き翠の公演予定をご覧下さい。

posted by 翠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。