2009年04月01日

4月の公演のお知らせ

花の女神フローラが微笑む季節。
キューピッドの矢を期待しながら、でも現実はキビシイ。
陽春の光がそのまま実生活の光になったらよいのにと願いつつ、
三色すみれやアネモネに季節のときめきを感じるこのごろです。

先日、法政大学で、大好きな俳優エミール・ヤニングスの出演している「ファウスト」(F・W・ムルナウ監督)の
弁士をつとめさせていたただきました。
ン十年前に私が通っていた頃とは校内の様子が変わってしまいましたがなつかしさ一杯でした。

宮澤賢治の研究家としても知られる法政大の岡村民夫教授による「映画と賢治」についてのお話もすこぶる面白く、
賢治がごひいきのエミール・ヤニングスをエミヤンと呼んでいたこと等愉しいエピソードに会場は和やかな雰囲気に…。

「ファウスト」のエミヤンは、悪魔メフィスト役を喜々として演じ、ほとんど彼の映画という感じて、ファンにはたえられない
快(怪)演ぶり。
大いにノって語らせていただきました。
F・W・ムルナウ監督はフリッツ・ラングと並ぶドイツ・サイレント映画期の天才。
エミヤン主演の「最後の人」「タルチュフ」もすばらしいです。

さて、4/18(金)6:30〜 神田・錦町学士会館でフリッツ・ラング監督の
傑作「クリームヒルトの復讐」の弁士をつとめます。
大作「ニーベルンゲン」の第2部となるこの作品、1部をご覧になっていない方にも十分ご堪能いただける迫力に
みちた叙事詩的世界が表現されています。ラングならではのスペクタルな映像と魅力溢れる俳優陣。
美しきクリームヒルトに憧れるフン族の王アッティラを演じるルドルフ・クライン=ロッゲが見ものです。

ゲルマンの英雄ジークフリートの死がもたらす愛と憎悪、情熱と復讐…。
人間感情の原点である喜怒哀楽をスケール豊かに描く不滅の名作として映画史上に
輝く「クリームヒルトの復讐」をこの機会にどうぞご鑑賞下さい。
ピアノ演奏は新垣隆さんです。
電話予約は03-3292-5933へどうぞ。
ご来場を心からお待ちしております。
4/25の新潟県新発田市での公演もどうぞよろしくお願いいたします。

詳細は引き続き翠の公演予定をご覧下さい。

posted by 翠 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。